プラス1プランナー養成講座

プラス1コミュニケーションとは?


会話をするとき、手軽にできる”小さな寄り添い”を加えることで、

聞こえづらくても会話が読み取りやすくなるコミュニケーション方法です。

 

老年性難聴の方を含めると、日本では、何と10人に1人が難聴と言われています。

対人サービスを提供する方々が、このプラス1コミュニケーションを身に付けることで、誰もが会話をしやすくなります。

 

これからの超高齢化社会おいて、対人サービスを提供する企業としては、プラス1ができることは社会に選ばれる大きな要素となるはずです。 

 

2025年はデフリンピックが日本で開催されます。

各国から聞こえないアスリートたちが日本入りしてきますので、聞こえのユニバーサル化は間違いなく加速されます。

 

プラス1コミュニケーションを学び、自ら実践し、周りに働きかけることができる人。

それが、プラス1コミュニケーションプランナーです。

9つのプラス1コミュニケーション


この講座で学べること


このような仕事に使えます!


接客業,飲食業,宿泊業,

医療系,福祉系,

行政関係,政治,学校,

運輸系,

金融業,

娯楽施設

など、高齢者向けサービス、対人サービスを行う仕事で使えます。


 

難聴者は、いろいろなお店を利用するとき、非常に気を遣います。

言葉が聞こえにくいので、コミュニケーションをとるのが難しいからです。

でも、「筆談ができる」とわかっていたり、音声文字変換アプリがあるとわかっていれば、安心してお店を利用できます。

また、今のマスク社会ではさらにコミュニケーションがとりにくくなっているので、「聞こえに配慮している」というメッセージは、難聴者にとって有難いでものです。

 

そして、難聴ではなくても、高齢になると耳も遠くなります。

これからの超高齢化社会を見据えたとき、お客さま、ご利用者さまの多くは聞こえにくい人であるということにもなり得ます

 

だからこそ、聞こえにくくても読み取りやすいコミュニケーション方法は、必ずサービス業のスタンダードになります。

 

 

聞こえる人にとっても、プラス1コミュニケーションは、じゃまになるものでもありませんし、わかりやすくなります。

ユニバーサルに使えるようになれば、多くの人が利用しやすくなります。

 

ぜひ、あなたも、御社も、来るべき高齢化社会に先駆けて、プラス1コミュニケーションを取り入れてみてください!

講座について


対象の方

・接客業や対人サービス業をされている方で、聞こえにくい方への接し方を学びたいと考えている方

・学校などで、難聴の児童、生徒さんと関わる方

・企業で、同僚などに難聴の方がいて、コミュニケーションの取り方を学びたいと思っている方

・家族に難聴の方、聞こえにくい方がいて、コミュニケーションの取り方を学びたいと思っている方

など

 

※本講座は、聞こえる人対象のプログラムですが、聞こえにくい方で受講希望の方がいらっしゃいましたら、音声文字変換アプリで対応させていただきます。

概要

形式:オンライン(Zoomを使用)

時間:2時間半程度

定員:1回20名

受講料:3,300円(税込み)

講座資料:受講後に、PDFファイルにてお送りします。

 

会社単位の受講もできます!

受講者が多い場合、会社に伺い講座を行うこともできます。

その場合、別途交通・宿泊費の実費を頂きます。(宿泊は必要な場合のみ)

1回の定員は、100名程度以内を目安に、詳しくはお打ち合わせいたします。

詳細は、下記お問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。

 

プログラム

・プラス1コミュニケーションとは

・聞こえない人のコミュニケーション方法

・手話と日本語は全く違う言語である

・難聴がわかるアニメ「なんちょうなんなん」

・難聴の人の聞こえ方

・聞こえないことの影響

・聞こえないことによる場面ごとの困りごと

・9つのプラス1コミュニケーション

・ITツールの紹介

・場面ごとのプラス1

・プラス1を行うマインドセット

・プラス1の効果的な進め方


講師


岩尾 至和(いわお ゆきかず)

一般社団法人言葉のかけはし 代表理事

難聴の子を持つ家族会そらいろ 会長 

 

2014年に難聴の娘が生まれ、2017年に難聴の子を持つ家族会そらいろを立上げる。

その活動の中で、メンバー含め、保育園等でなかなか聞こえないことを理解してもらえない現状に出遭う。これは、聞こえないことの正しい理解が圧倒的に知られていないからだと強く感じ、難聴の正しい理解を拡げるためクラウドファンディングを通し、難聴がわかるアニメ「なんちょうなんなん」を制作。その後、このアニメを使って本格的に難聴の理解を拡げるため、一般社団法人言葉のかけはしを広報の河原と2人で立ち上げる

自身は、2004年から人材開発、キャリア支援に携わり19年目。

 

言葉のかけはしでは、難聴の啓発講座、難聴者向けの就職支援、難聴者が働く企業のサポートなどを行っている。


講座日程


決まり次第アップします。

 

受講の流れ


【ご受講者様⇒】お申込みフォームよりお申込み

【かけはし⇒】お振込み口座のご連絡

【ご受講者様⇒】受講料お振込み

【かけはし⇒】2日前に当日URLのご連絡

【ご受講者様⇒】当日ご参加

受講のお申込み


下記お申込みボタンをクリックしてお申し込みください↓

案内チラシのダウンロード

A4サイズの案内チラシです。

ご自由にダウンロードしていただき、お知り合いの方などにご紹介をお願いいたします。

お問い合わせ


メモ: * は入力必須項目です