24'/6/26 難聴者の力を活かした採用の安定化セミナー

採用を担当されていますご担当者のみなさま

昨今の離職増加、母集団の減少により、採用予定数を確保できない企業も多くなっているようですが、御社の状況はいかがでしょうか?

実際のデータでは、採用に関して年々悪化している状況が3年ほど続いています。

 

採用の課題解決に向けては、いろんな施策の情報をお持ちと思いますが、

当方からは、障害者採用、中でも、聴覚障害を持つ人の採用を提案します。

 

まず、単純に母集団を拡げることができます。

障害者手帳を持てない人を含めた難聴者のうち、25歳以上65歳未満の人たちは、2022年時点で307万人もいます。

 

そして、難聴者には、聞こえないからこそ突出した力があり、それを活かすことができれば、事業発展も大きく後押しできます。

法定雇用率達成のために、簡単な作業だけをやってもらうための採用ではなく、戦力としての採用ができます。

これは、他の障害についても言えることですが、当方は聴覚障害が専門なので、聴覚障害に特化してご紹介します。

 

もちろん、聞こえないことへのフォローは必要です。

これがなければ、難聴者は自分の実力を全く発揮できません。

本セミナーでは、聴覚障害を持つ人の採用のメリットや、受入れ方、必要なフォローなどについて知ることができます。

また、課題も当然ありますので、聴覚障害者の雇用における課題と対策についても理解できます。

 

なかなか採用活動が思うようにいかない現状を抱えているのであれば、

ぜひ、お気軽にお申込みください。

 

セミナー概要


日時:2024年6月26日(水)  14:00~16:30

 

場所:ふくふくプラザ 6階 601研修室

   福岡市中央区荒戸3-3-39

 

対象:人事・教育・採用ご担当者、経営者の方

 

定員:20人(リアル開催のみ)

 

参加費:無料

 

情報保障

VUEVO(ビューボ)による音声文字変換を使用します。

VUEVOとは、複数人の会話を視覚化する音声認識サービスです。

https://vuevo.net/

何といっても、上図のように話した言葉が話した位置でわかる360度ビューが魅力ですが、高性能なマイクのおかげで、文字化が速く、会話に近い速さで文字化されるのも強みです。

セミナー時は一般の音声認識アプリと同じようにタイムライン表示をしますので、VUEVOのリアルタイム性を体感できます。

また、別途、360度ビューの体験も行います。

福岡でVUEVOを体験できるのは、現在かけはしだけです。

ぜひ、VUEVOの体験にもお越しください。

【プログラム】

(第1部)14:00~15:00(50分 質疑応答10分)

テーマ:難聴者雇用で、採用の安定と事業発展を創る

講師:一般社団法人言葉のかけはし 代表理事 岩尾 至和

 

・障害者雇用のメリット

・業務の切り出しではない障害者雇用の業務の作り方

・障害特性を事業発展に活かした実例

・難聴者を雇用するメリット

・難聴者の就職の実情

・難聴者の持つ能力と能力を活かした実例紹介

・難聴者を採用する際の課題

・難聴者がその能力を発揮し、定着していくために


※VUEVO 360度ビューの体験

 

(第2部)15:00~16:00(50分、質疑応答10分)

テーマ:事業安定、拡大のための福利厚生の考え方

講師:中小企業のリスクマネジメントに詳しいゲストスピーカー

 

・人口動態などから見る採用環境悪化の見通し

・事業安定、拡大のために必要なこと

・働き手が企業に求めるもの

・理想の組織について

・福利厚生の大切さ

・トータルリワード(総報酬)という考え方

・生命保険を活用した福利厚生

 

(第3部)16:00~16:30

個別相談

個別に相談がある方は、お時間内で相談をお受けします。

また、別日でオンライン相談日もお受けします。


講師プロフィール


岩尾 至和(いわお ゆきかず)

一般社団法人言葉のかけはし 代表理事

難聴の子を持つ家族会そらいろ 会長 

 

2014年に難聴の娘が生まれ、2017年に難聴の子を持つ家族会そらいろを立上げる。その活動の中で、メンバー含め、保育園等でなかなか聞こえないことを理解してもらえない現状に出遭い、難聴がわかるアニメ「なんちょうなんなん」を制作。その後、このアニメを使って本格的に難聴の理解を拡げるため、一般社団法人言葉のかけはしを広報の河原と2人で立ち上げる

自身は、2004年から人材開発、キャリア支援に携わり20年目。現在は福岡工業大学で学生のキャリア相談にも従事。

言葉のかけはしでは、難聴の啓発講座、難聴落語、難聴者向けの就職・キャリア支援、難聴者が働く企業のサポートなどを行っている。


受講のお申し込み


Peatixサイトよりお申し込みください。

案内チラシのダウンロード


A4サイズの案内チラシです。

ご自由にダウンロードしていただき、お知り合いの方などにご紹介をお願いいたします。

ダウンロード
難聴者の力を活かした採用の安定化セミナーご案内
2406難聴者の力を活かした採用の安定化セミナーご案内.pdf
PDFファイル 497.9 KB

お問合せ


ご質問など、お気軽に下記よりご連絡ください。

 

メモ: * は入力必須項目です

6/6(木) 難聴児の小学校選択の考え方オンラインセミナー

 

難聴児の小学校からの進路選択、何を選択したらいいのか?

 

迷われると思います。

 

ですが、進路選択における考え方があります。

 

また、地域の小学校を選んだ場合、その中でもいろいろな選択肢がありますが、こちらも、選択における考え方があります。

加えて、小学校以降、新たに考えなければならないこともありますが、なかなかこれを事前に教えてくれるシステムがどの自治体にもないように思います。

 

具体的な事例は、福岡市の事例しか話せませんが、

「考え方」は全国共通です。

また、考え方がわかったとして、地方によっては選べない選択も出たりはしますが、基本的な考え方を知っておくことは、子どもの可能性を拡げる上で非常に大切です。

 

ぜひ、理論に基づいた難聴児の小学校の進路選択の考え方、参考にされてください。

 

セミナー概要


日時:2024年6月6日(木) 10:30~11:15

 

開催:オンライン開催(Zoom使用)

   アーカイブ受講有り。

   アーカイブは完全字幕にして配信。

   セミナー終了後2週間を目途にお届けする予定です。

 

対象:お子さまが2025年4月入学には限定いたしません。

   まだ先でも、既に入学済みでも参考になる内容です。

 

定員:20名(アーカイブは定員はありません)

 

情報保障:Zoomの字幕の使用をお願いします。

     Zoomの字幕の付け方はこちらです↓

     https://note.com/kotoba_bridge/n/n009fb82996ee

 

お申し込み:下記お申込みフォームよりお申し込みください↓

      https://forms.gle/JiHrTFCfqeDs6JYF8

【プログラム】

(講座)45分

●進路選択3つの基本前提

●小学校生活は2テーマで考える

●小学校からの“学習支援”の重要性

●勉強環境を整えることの重要性

●就学相談を起点とする進路選択のスケジュール

●放課後デイを利用するために必要なこと

●小学校以降の聴覚管理について

※講座のみ受講もOKです。

 

(休憩)5分

 

(質問などフリートーク)30分 

希望者のみ、質問などフリートークを行います!

講座内容、講座になかったことなど、難聴に関するどんなことでもお話ししましょう!

小1の人工内耳の息子の母であるかけはし広報の河原も参加します。


講師プロフィール


岩尾 至和(いわお ゆきかず)

一般社団法人言葉のかけはし 代表理事

難聴の子を持つ家族会そらいろ 会長 

 

2014年に難聴の娘が生まれ、2017年に難聴の子を持つ家族会そらいろを立上げる。その活動の中で、メンバー含め、保育園等でなかなか聞こえないことを理解してもらえない現状に出遭い、難聴がわかるアニメ「なんちょうなんなん」を制作。その後、このアニメを使って本格的に難聴の理解を拡げるため、一般社団法人言葉のかけはしを広報の河原と2人で立ち上げる

自身は、2004年から人材開発、キャリア支援に携わり20年目。現在は福岡工業大学で学生のキャリア相談にも従事。

言葉のかけはしでは、難聴の啓発講座、難聴落語、難聴者向けの就職・キャリア支援、難聴者が働く企業のサポートなどを行っている。


お申し込み


下記ボタンをクリックして、

申込みフォームよりお申込みください。

案内チラシのダウンロード


A4サイズの案内チラシです。

ご自由にダウンロードしていただき、お知り合いの方などにご紹介をお願いいたします。

 

ダウンロード
難聴児の小学校選択の考え方オンラインセミナーご案内
難聴児の小学校選択の考え方オンラインセミナーご案内.pdf
PDFファイル 302.3 KB

お問合せ


ご質問など、お気軽に下記よりご連絡ください。

 

メモ: * は入力必須項目です